2013年02月10日

遷宮(せんぐう)で神様もひともリフレッシュ


こんにちは

めぐる@神社めぐりナビゲータです。



ことしは伊勢神宮の

式年遷宮(せんぐう)が年初からいろいろ話題に

なっています。


式年というのは「定められた年」という意味で

伊勢神宮では20年ごとに

定期的に行っているのだそうです。



専門的なことはあまり詳しくないのですが

遷宮(せんぐう)というのは、

神社の正殿を造営・修理するときや、

正殿を新たに建てた場合に、

御神体をお遷しすることだと伺っています。



神さまも住まわれるところを変えて

リフレッシュされるということなのでしょうか...

お祀りする人間たちも、関連行事を通じて団結して

信仰心を確かめ合う機会を得るという

効果もあるようです。



ご近所の神社ではなかなかそのようなことが

行われているものなのか、気づかないですが

そういえば「縁結び」で有名な出雲大社も

今年の5月には遷宮行事のクライマックスを迎えると

ホームページに書いてありました。



きっとゴールデンウィークあたりには

いつもより多くの参拝者があるのでしょうね



posted by めぐる@神社めぐりナビゲータ at 15:00 | Comment(0) | 参拝作法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▼あなたの1クリックが励みになります♪ブログランキング応援お願いします▼ にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。